富山県砺波市の自慢

富山県砺波市の特徴について

砺波市は講演や図書館が充実

富山県砺波市は、富山県西部に位置する人口4万8千人の都市です。砺波平野の中心部に位置しており、広大な平野に農家が散在する風景は、日本の農村地帯の古き良き原風景を代表するものとして全国的に有名です。富山県砺波市はチューリップ球根の全国有数の生産地であり、チューリップの花が咲く春には色鮮やかなチューリップ畑が広がります。また様々な花の栽培に力を入れており、水仙や花菖蒲なども多く栽培されています。富山県砺波市は砺波駅周辺に市役所や図書館などの公共施設が集まっていて便利なほか、東部の庄川は美しい峡谷を形成していて新緑や紅葉など四季折々の美しさを堪能でき、また庄川水記念公園などの観光スポットも多数あります。富山県砺波市にはその他にもたくさんの見所があります。一年を通してチューリップを栽培するチューリップ四季彩館や、砺波平野の風景を一望し、立山連峰や日本海まで望める散居村展望台などがあります。富山県砺波市は、北陸新幹線の開業により東京からのアクセスが大幅に向上したほか、関越自動車道と北陸自動車道経由でのアクセスも可能です。また羽田空港と富山空港はわずか一時間で結ばれており、東京からも手軽に訪れることができます。

富山県砺波市の情報

新着情報

↑PAGE TOP

Copyright © 富山県砺波市の特徴について. All rights reserved.